2008年08月26日

バナジウム摂取は危険!

ご注意下さい

バナジウムの大量摂取は毒性が強くとても危険です。



ちょっと怖い見出しですが、デメリットについて知っていなければなりません。


バナジウムを多く含む食品としてマッシュルーム、エビ、カニ、黒コショウ、パセリ、ディルなどがあり、飲料水にも微量含まれている場合があります。

一般的に、通常の食事からは6-18μg/日を摂取しているといわれ、その内の5%が体内に吸収されると言われています。


糖尿に効果があったとされる研究データによる摂取量は、100mg/日となっており桁がずいぶんと違う。

しかし、バナジウムの毒性についての報告書では、22.5mg/日を5ヶ月摂取したところ、激しい腹痛と下痢があったとも。

そして、

19歳以上の成人のバナジウム上限摂取量を1.8mg/日以下としている報告書もある。


民間療法の多くに、毒性のある物を少量摂取する事により、細胞を活性化させる。又は体質を改善させる。というのがあるが、

何事もバランス良く、が、一番なのではないだろうか。


そういう見地からすると、作られた水よりも、天然水が微妙に良い影響を与えるような気がしますね。
posted by やまぴー at 08:00| Comment(2) | バナジウム水は健康にイイ?
この記事へのコメント
この間、テレビを見ていたら、バナジウムの天然水のCMしました、
そこの、会社の名前で検索したら、いろいろ書き込み有りました、
会社の人の言う事をうのみにして、病気が治るとか、肩凝りが無くなったとか大袈裟…
水で、病気治るなら、富士吉田の人はみんな、元気のはず
何故なら、水道水は、地下水ですから
消毒はしてますが
疑わしい、書き込みでした、病気治るなら
病院いらないね
Posted by 富士吉田市民 at 2008年11月20日 23:44
あぼせんすおめでとう!
Posted by やほおたんす at 2010年07月16日 03:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]